ダーツのルール >>

ダーツのルール

ゲームをする時には、プレイヤーは3本のダーツを一組として持つ。

参加するプレイヤーはスローイングラインに立ち、ボードに向かって3本のダーツを投げる。この3本のダーツを投げることを「1スロー」と言う。

ダーツを持ってスローイングラインに立った後ダーツを誤って落としても、プレイヤーの体がスローイングラインを越えた場所につかないという条件内でなら拾うことができる(ドロッピング)。

ボードに刺さっているダーツの点数を計算し、ダーツをボードから引き抜いて次のプレイヤーと交代する。

すべてのプレイヤーが一巡するまでを「ラウンド」と言い、ゲームごとに決められているラウンドまで繰り返す。

カウントアップのルール

  • プレー可能人数は1~8人です。
  • カウントアップは、初心者がダーツを覚えるのに最適なゲームです。
  • プレーヤーは0点からスタートして、できるだけ高い点数を目指します。
  • 8ラウンド終了した時点で、最も点数の高いプレーヤーが勝ちとなります。
  • 1番シンプルなゲームですが、8ラウンドといった少ないラウンド数で高得点を叩き出す為には、集中力を持続させる必要があります。基本的には、ブルを狙いハットトリックを重ねていくのがセオリーです。自身のレベルに応じて、20のトリプルを狙うも良し、16のトリプルを狙うも良し。なぜ16のトリプルなのかというと、16のトリプル周辺は、狙いが外れても、回りがある程度得点を持っている(20トリだと、横が1と5で点数が低い)ので、ブルに固執せず初心者の方は狙ってみるのも良いでしょう。

    ゼロワンのルール 

  • プレー可能人数は1~8人です。
  • プレーヤーはそれぞれゲームに応じて301・501・701・901・1101・1501点からスタートして持ち点を減らしていきます。
  • 自分の持ち点がちょうど0点に到達したプレーヤーが勝ちとなります。
  • 0点をオーバーして減らしてしまった場合“BUST”となり、そのラウンドは終了となります。次のラウンドは"BUST"する前の点数からもう一度トライすることになります。
  • 規定のラウンド数を終了しても0点に到達できなかった場合には、もっとも点数の少ないプレーヤーが勝ちとなります。
  • 例として『501』を選択した場合の流れです。まずは、各自501点を持ち点としてスタートします。画面にはヒットした点数が自動で計算されていきますので、安心です。通常、ダーツの得点で一番高い得点は20トリプル(60点)ですが、ゼロワンゲームではブル(50点)を狙って点数を減らしていくのがセオリーです。
    高得点が欲しい時や、マスターOUTにしてる時等、必要に応じてトリプルやダブルも狙います。ヒットしたポイントを減らしていき、早く『ジャスト0点』にした人が勝利します。ジャスト0なので、多いとマイナスになり、BUSTしてしまいます。 BUSTは、残りの持ち点をオーバーするとマイナス得点となり、その時点でプレイヤーチェンジとなります。 BUSTすると持ち点は、そのラウンドのスタート時の得点に戻ります。規定のラウンド内に『ジャスト0』にした人が勝ち。もしくは、規定のラウンド終了時に持ち点が1番少ない人が勝ちとなります。

    ページに移動します>> [1] [2] [3]


    あなたが私たちのダーツに興味がある場合は、お問い合わせください:
    メール: sales@chinatungsten.com   sales@xiamentungsten.com
    電話: +86 592 5129696 / 86 592 5129595
    Fax: +86 592 5129797